医の散歩道

HOME > 医の散歩道 > 第93回 もうひとつの美術館

2021年
              9月配信

⇒バックナンバーはこちら

 

「もうひとつの美術館」のある栃木県那珂川町は、「美人の湯」で知られる馬頭温泉を擁し、温泉水を利用してトラフグ養殖に成功したことで知られており、山里でありながらフグ刺しが堪能できます。町内には「もうひとつの美術館」のほか、馬頭広重美術館や馬頭郷土資料館など4つの美術館・資料館もあって、飽きさせない散歩道が期待できますよ。

 

「もうひとつの美術館」は2001年より栃木県那珂川町にある明治大正時代の面影を残す木造の旧小学校校舎を再活用し開設された、NPO法人が運営する美術館です。[みんながアーティスト、すべてはアート]をコンセプトに、障害の有無や専門家であるなしなどを超え、既成の枠にとらわれない自由な表現・芸術作品を紹介する企画展覧会やイベント、ワークショップなどの開催を通し、アートを核に人と人とをつなげていく活動を行っています―担当者さんからこのようなご紹介を頂いた「もうひとつの美術館」は、ハンディキャップを持つ人たちによるアート作品を常設展示する美術館です。

 

美術館の建物は明治36年に竣工、平成13年3月の閉校まで小学校として使用されていたものだそうです。歴史を刻んできた佇まいも、小学校の内装をそのまま活かした館内も、温かく、懐かしい思いがします。壁には絵画が、机には造形物が展示されています。童心に帰って、感じたままに作品を楽しみ、それぞれの作品の作者たちと向き合うには、ここは絶好のロケーションですよ。

現在、開館20周年記念「ありのままがあるところ しょうぶ学園」展が開催中です。鹿児島市にある社会福祉法人太陽会 しょうぶ学園で生まれた作品と創作の様子を映した映像を通して、作品の生まれる“過程”や“場所”、作家と作家の表現行為に共感した人との“関係”を探り、アートの生まれる“環境づくり”について考える展示となっています。開催は11月23日まで。この企画展が終わると3月頃まで冬期休館に入りますので、ご興味のある方はどうぞお早めに。

 

もうひとつの美術館
栃木県那須郡那珂川町小口1181-2 TEL&FAX:0287-92-8088
URL: http://www.mobmuseum.org/

開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料 各展覧会による
休館日 月曜日休館(但し、祝・祭日は開館、翌日休館)
展示替え期間、冬期は休館
アクセス JR東北本線氏家駅から関東バス馬頭車庫行き「道の駅ばとう」
下車 徒歩25分
東北自動車道「矢板」I.Cより50分、「宇都宮」I.Cより60分
北関東道自動車道「宇都宮上三川」I.Cより60分
常磐自動車道「那珂」I.Cより60分

 

 

お気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ(受付時間 平日9:00~18:00)
論文担当東京:03-6403-9956 大阪:06-6331-0966
  • 見積依頼フォームはこちら
  • ご連絡フォームはこちら

ページTOPへ戻る